PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月14日。

今日の記事に犬は出てきません。

犬ブログなんだけど、どうしても書いておきたい事。

それは、猫のはなし。


それから…

ちょっと人によっては見るのも嫌な写真があるかも…しれません。


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*


実家の猫、名前はチャッピー。

年齢18歳。

ヒトでいうと88歳のおばあちゃんです。


15020901.jpg


いつもお正月休み中にする帰省。

今年は大雪で関西⇔東海の高速が通行止めで…帰るのを断念。

翌週、成人の日の3連休に実家へ行ってきました。



その時、チャッピーが膀胱癌だと聞きました。

数日前からご飯が食べられなくなって、病院に行ったら癌が発見されたそう。

元々、何年も前から膀胱に疾患を抱えていたので、やっぱり膀胱かぁ…と。




高齢のため手術するのは諦め(体力的にもしんどいだろうし、最後に辛い、痛い思いをさせたくないとの思いから)

薬で治療することになりました。


15020902.jpg


薬を飲んで、またボチボチご飯が食べられるようになったみたい。


15020903.jpg


この写真は、癌になってしまったと聞いたから撮ったのではなく…

カメラを持って実家に行ってるのに、チャッピーだけ撮ってないから今度撮ろう!とずっと思ってて。


15020904.jpg


これが最初で最後の撮影になるとはね…。



膀胱癌のせいなのか、

一時期デブ猫だったせいか、お腹がタプタプ。


15020905.jpg




何枚かしつこく撮ってたらこんな良い顔してくれた。


15020906.jpg


美人猫。

18歳になんて見えないね。





*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*


その夜、お風呂に入ろうと浴室暖房を付けたら、浴室からガタっと物音が!

ビックリして扉を開けると、チャッピーがいました。


ここのところ、お風呂のフタの上にいることが多いらしく…

母の話によると、暖かい風呂のフタの上でお腹の痛みを和らげてるのでは…?とのこと。



フタの上から下りてきたものの、全く浴室からでてきません。


15020907.jpg


ジッと私を見つめて…


15020908.jpg


何かを訴えているようだった。


15020909.jpg


まるでお別れを言われているかのように思ってしまったんです。


15020910.jpg




チャッピーは洗面器に入れたお水を飲むのが好きで、


15020911.jpg




お水を飲むとサッと浴室から出て階段を上り、踊り場で振り返る。


15020912.jpg


「さよなら」を言われたような気もしたし、「お前誰だっけ?」と言われた気もした。


上を見上げて、


15020913.jpg




また振り返ってこっちをずっと見てる。


15020914.jpg


何を思ってたのかなぁ…。





この写真を見せながら、母と

「縁起でもないけどさーサヨナラ言われてるみたいだったんだよね。ハハッ」

「可愛く撮れたから、“その時”がきたら遺影にしようかな」

なんて会話をしたっけ…。





*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*



私が実家を後にした2日後、チャッピーは永遠の眠りにつきました。


15020915.jpg


あれからまたご飯を食べなくなり、

血尿も酷くなり…


最後は1番大好きだった家族のいる時に、

1番大好きだった家族に看取られて亡くなったそうです。



家族は、私が帰ってくるのを待ってたとか、

ちゃんとお別れを言えて、安心したから旅立てたとか言うけど…

私も、お別れを言われているような気がしてしまったけど…


こんなことって…





そして、なぜ今この事を書いているかというと、

チャッピーの死を知ったのが、わんにゃんで帰省した2月1日だったから。

当然家族は私にメールをしてくれたんだけど、少し前に変えたスマホのメールアプリの設定が

ちゃんとできてなかったらしく、受信できてなかったんです。

もし1月14日に知ってたら、私は仕事を休んででも実家に帰ったでしょう。



「仕事を休んでまで、無理して来なくていい。」



チャッピーがそうしたのかなぁ…なんて。

自分が悪いのに、都合の良い解釈だけど。





18歳。

私がまだ10代の頃に来た子。

子猫の時は、障子は破るわ、網戸も破るわ、袋が転がってたらチッコするわ

野良猫と血まみれのケンカはするわで、とんでもないお転婆猫だったチャッピー。

私は、たった6年しかチャッピーと一緒に過ごさなかったのに、ちゃんと覚えててくれたのかな…?



わが家にとって初めてのペット。

ペットを飼うということがどんなに大変か、どんなに幸せか、

そして、お別れがどんなに悲しいのか…すべてチャッピーが教えてくれました。



チャッピーがいたからずっと猫派で、ニャンコとまた生活したいなーと思ってたけど…

チャッピーと生活して、自分が猫アレルギーなことが分かってしまって…


だからイヌにしたというわけじゃないんだけど…

なっちゃんを迎えることにしたきっかけは他にあるけど、

猫アレルギーだからイヌにしたというのも少なからずある。


だから、今があるのはチャッピーのおかげ…なのかな。



チャッピー!と呼んだら、にゃーん。って返事してくれる声。

扉の向こうで、開けて―!という声。

私のベッドでゴロゴロ言いながら眠る姿。

今でも鮮明に覚えてる。





チャッピー。

18年もの長い間、家族と共に過ごしてくれてありがとう。


15020916.jpg


お空で元気だった頃のように自由に遊び回ってね。

本当にありがとう!




*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*


今思えば、1月12日に大阪に戻ってからも、2~3日胸がざわざわして、

メソメソな毎日だったんですよね。

こういうのって、言葉では表せないチカラが働くもんなんですね…


ダラダラと長文になってしまいましたが、

私はもう気持ちも切り替わっているので…ご心配なく…





応援よろしくお願いします!↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


よければこちらも…↓ ↓

blogrunk_1408.png
人気ブログランキング


もっとトイプードル!!

↓ ↓

トラコミュ
トイ・プードル


スポンサーサイト

| 帰省 | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。